熊田あつしの基本政策
生活を直撃する消費税増税は廃止
  • デフレ不況下での消費税増税は、消費の冷え込み、特に中小企業、農林漁業など弱い立場の人たちの暮らしを直撃するので、断固阻止・廃止します
  • ムダづかい多い特別会計、政府関係法人の廃止と、官僚の天下りの全面廃止を断行します
  • 増税に頼らずに予算の作り方を根本から見直し、国民の生活を第一に考えた政策を実現するために税源を確保します
  • 金融・財政政策の積極的な展開により景気の回復を実現します
明るい日本をつくるために商売を盛んに
  • 設備投資減税、ローン減税、住宅減税などの減税政策の実施を検討します
  • 地方税減税により自治体間競争を促進します
  • 減税から寄付の流れを醸成し、税金ではなく、市民の意志による寄付で、行政の一部がまかなわれる社会をつくります
いのちを守る「原発ゼロ」
  • 「エネルギー政策の大転換」で、 10年後を目途に全ての原発を廃止します
  • そのために、日本の省エネルギー技術と再生可能エネルギーの普及、効率の良い天然ガスコンバインドサクル火力発電、さらにエネルギーの地産地消を強力に促進します
    それにより、原発立地地域をはじめ、地域経済の発展と雇用の拡大を実現します

管理用