くまあつブログ

私の目から見た解散前後の政治状況

Filed under 熊田あつし

約1ヶ月の短命で、未来の党が分党しました。非常に残念です。

私は、臨時国会直前の10月29日に離党届けを提出しましたが、
その前から政界再編の話題はよく耳にしていました。

反民主・反自民・非維新での第3極結集というのも、その中の一つの案として語られ
ており、その頃から嘉田知事への接触が始まっている事も漏れ聞いていました。

来るべき総選挙で、民主・自民との対決は避らけれないが、
維新とはどのような関係になるかはその時点では読めない。
そこで、ともかく第3極の中では一番勢いのある維新と向き合うには、
まずはそれ以外の勢力がきちんと整っていかなければならないとの考えでした。

ただし、それには当然、政策のすり合わせも必要ですので、その大きな柱が
今回言われていた「脱増税・反原発・反TPP」でした。
(ちなみに、私は、TPPに関しては反対ではなく、枠組みとしては賛成だが、
今の日本政府の交渉力や、日本抜きのまま進展してしまっている交渉に
後から参加するリスクも踏まえ、慎重という立場をとっていました。)

そういった状況の中で、このプランは、年末を一つの目標に動いていたように
感じていました。

しかし、私の個人的な皮膚感覚では、年末では遅きに失するのではないか。
事をしかけるのであれば、10月末がタイムリミットだ、と感じていました。
離党を最終的に決断したのは、離党届けを提出した直前ではありましたが、
10月に入ってすぐから、私は、「今月が大きな山だ」といい続け、結果的に、
10月29日に離党届けを提出しました。

そのタイミングで離党に踏み切ったのは、私と水野代議士の二人だけでしたので、
残念ながら即座に第3極結集の動きには至らないと思いつつも、
まずは自分が行動することで一石を投じ、次の動きの呼び水になればとの考えもあり、
減税日本に加わり、第3極再編への行動を始めたのです。

この時、ちょうど同じタイミングで、石原東京都知事(当時)が辞職し新党を設立する
ことを表明しました。
ここで、大波乱が起こり始めました。
河村名古屋市長と石原東京都知事は、非常に近い関係だったこともあり、減税日本と
太陽の党の連携という話しが急浮上したのです。

当初は11月15日に、国会内での統一会派の発表と聞いていましたが、
14日に野田総理が党首討論で解散宣言をしたため、統一会派では全く意味がない
ことになってしまい、急遽合流の話しに切りかえられたと記憶しています。

まさしく、野田総理の奇襲で準備不足のまま物事が動き始めてしまいました。
第3極つぶしという視点からは、野田総理の作戦はあたったのでしょう。
ここから迷走が始まりました。

混乱した政局の時に、いろいろな発信をすれば、全て利用されるのではないかと思い、
ここから11月27日の大阪1区出馬表明まで、私はほとんど発信を止めていました。
しかし、そうすると、好き勝手にイメージをつくられるもので、民主党や維新の会からは、
民主党から私が総支部長をしていた総支部への交付金300万円について、
きちんと処理すると表明していたにも関わらず、まるで私が個人的に持って行った
かのようなことを言われ、正直憤慨しました。
(この交付金は、民主除籍後速やかに全額国庫返納しています。)
また、個人的に維新の会への入党申請を出したことは一切ないのに、維新の会側から、
この300万円を理由に、私の維新の会への合流は認めないような事も言われていましが、
民主党時代、同時にこの交付金を受け取り、同じ日に返金した、私と同期の代議士は、
この時点で既に維新の会に入党していました。
維新の会のこのダブルスタンダードにも戸惑ったものでした。

まあ、選挙とは権力闘争そのものでもありますので、この時の民主党や維新の会の対応を
今更非難する気は全くありません。いや、むしろあたりまえのことなのでしょう。
ただ、残念なことは、お互いの主導権争いの中で、結局自民党を利するような動きに
なっていってしまったことです。

話しを本筋に戻すと、とにもかくにも紆余曲折はありましたが、減税と太陽が別れ、
「減税」は「反原発」を経て、「日本未来の党」へと合流していくことになりました。
結果的に、当初目指していた反民主・反自民・非維新に近い形になりましたが、
最も大切な“時間”をあまりに浪費しすぎ、選挙直前での結党になってしまいました。

その結果、選挙目当てと言われたり、有権者に浸透するだけの時間がなかったりと、
非常に厳しい状況での結党になってしまいました。
返すがえすも、10月末のタイミングを失してしまったことが口惜しくもありました。

私個人に関しても、第3極結集という一つの目標に向かって民主党を離れ、
減税日本という入口から歩みを始め、自分としてはブレずにその道を歩んだつもりですが、
周囲からは、減税→(太陽→)反原発→日本未来の党、とコロコロと政党を変えたかの
ように言われ、マイナスイメージに働いたと感じています。
確かに、民主党を離党し減税日本に移りましたが、その後は所属する政党の合併に
合わせて党の名称が変わっただけで、一度も党を移籍したことはありません。
それだけに、選挙前のドタバタでこのようなイメージになってしまったことは残念でした。

ただ、総選挙は、何を言っても結果は変わるものではありませんので、私としては、
当時のこのドタバタへの猛省を踏まえ、本来であれば「日本未来の党」としてしっかりと
結束を確認し、今後に向かって新たなスタートを切るべきだと考えていました。
そのためには、早急に会合を開催し、私たちのような落選議員の声も聞いた上で、総選挙
の総括をし、その後速やかに党大会を開催し、次へとつなげていくべきだったのです。
ですが、そのような機会は設けられないままに、総括以前に代表人事から話しが始まって
しまい、このような分党という結果になったことは、誠に遺憾でなりません。
総選挙への反省や総括もないままに、何の方針もなく、取りあえず人事。
何故こんなことになってしまったのか。

こういった反省点も踏まえ、私自身は、党を動く時期ではないと判断しています。
せっかく政局から距離おいて身を置くことができるようになったのですから、
しばらくは冷静な対応を心がけつつ、自らを磨いていきたいと思っています。

~2012年9月の民主党代表選挙~

Filed under 熊田あつし

 「馬淵代議士が民主党代表選出馬へ」。このニュース、複雑な気持ちで聞きました。
 

 今年9月の民主党代表選の折、細野代議士が立候補しない可能性が高いと考え、
実は、馬淵氏を統一候補にする事前交渉を各陣営としていました。当時は20名以上
の国会議員が所属する真実の会の仲間でこの動きをしていたので推薦人確保にも
かなり影響があり、今でも実現一歩手前までいっていたと確信しています。当然馬淵
さん本人の出馬に関しての考えは、仲間の議員を通じ伺っていました。 しかし、
細野氏が出馬断念した直後の土曜日の朝、私も奈良の馬淵事務所まで行ったのです
が、 肝心の本人から出馬しない旨を伝えられました。これで時間切れ。統一候補擁立
の可能性は断たれました。

 
 もし対野田陣営が統一候補で戦えていたら、今はもう少し違う政治状況があったと
思っています。 それだけに、今になっての出馬表明にはかえって残念な思いがいた
します。

 
 少々補足すると、当時の馬淵代議士は3期生で、4期生以上に支持が広がる気配は
ありませんでした。一方の赤松代議士は7期生。しかし、社会党色強く、組合関係以外
の支持が伸び悩んでいました。そこで私が、両者を結びつけ、お互いの弱点補完する
ことを、それぞれの関係議員に打診しました。

 
 こんなような交渉を他の各陣営ともしていました。

 
 全陣営での統一とまでは難しかったかもしれませんが、かなりなところまで
まとまる雰囲気ができつつあっただけに返す返すも残念です。

生活(くらし)を守る ~脱増税~

Filed under 熊田あつし

この厳しい景気状況のまま、消費増税を強行すれば
「生活(くらし)」は崩壊してしまいます。

日本は、毎年3万人以上の自殺者がいます。
事故扱いや未遂も含めれば、10万人近い数になるとも言われています。
もしこのまま増税をすれば、大げさではなく、自ら命を断つ方の数は
増えてしまいます。
まずは、増税を凍結し、デフレ脱却、経済再生を優先すべきです。

さらに、国会議員の定数削減もセットにすべきです。
政治家が自らを律する姿勢を示すことなく、国民への負担の転嫁を行えば、
将来苦しくなった時、平気で同じことを繰り返す癖がついてしまいます。
そんなことは、させてはなりません。

政治家自身が覚悟を持ち、「生活(くらし)」を守るため行動すべきです。

いのちを守る ~卒原発~

Filed under 熊田あつし

オーストラリアのヘレン・カルディコット医学博士は、
福島原発事故による放射能の影響で、白血病はこれから2~3年で
出現し始め、5年でピークを迎え、固形癌は事故後10年から15年で
出現し始める可能性があると忠告しています。

福島第1原発で最悪の事態が起きた場合には、日本の100万人以上の子どもたちが
疾病被害者となる事が予測されているのです。
雇用・経済対策などをふまえつつ、「卒原発」への取り組みをやりぬかなければ
なりません。

商売を盛んにすることこそ大事!

Filed under 熊田あつし

まずは何よりも景気対策です。

このままでは、本当に多くの中小企業が倒産し、すばらしい
日本の技術の蓄積も潰れてしまいます。そんなことをさせてはなりません!

日本は、資源もエネルギーもない、食料も時給もできない、
本質的に貧しい国です。
その日本が豊かな生活を享受できるのは、働き、生産し、モノを売り、
収益を上げてきたからです。

中国など海外に生産拠点を移し、痛い目を見た企業がどれだけあることか。
目先の利益に囚われた海外移転を奨励するようなことはせず、国内の生産を守る、
技術を守る、雇用を守る、商売を盛んにする、そんな政治を目指します。

私だけで終わる青磁はしたくない。100年先も輝ける日本を作っていきたい。

経済が再生され、雇用の不安が解消されれば、税収減も少子化も歯止めがかかります。
問題の本質を見つめなおし、『命を守る』政治を築いていかなければなりません。

民主党より公布された300万円 全額国庫返納

Filed under 熊田あつし

当初より表明してきた通り、民主党除籍が決定したことを受け、
速やかに表記の通り手続きいたしました。

政党交付金は、もともと国民の皆様の税金です。
政治家は、自ら身を律していく姿勢が必要です。

そのためには、消費増税を先行させる前に、
政治・行政改革を行っていくべきです。

私たちは、2009年の約束を守り、
『国会議員の定数削減』『天下り対策』『報酬カット』
などを断行します!

公認発表

Filed under 熊田あつし

昨日「脱原発」の一次公認20名の発表がありました。

私は、当然大阪1区です!
近畿ブロックは、現時点では私一人。
民主、自民、維新を相手に、弱小政党でひとりぼっちでの大変に厳しい戦い。

誹謗中傷も含め、各方面からの大きなプレッシャーを感じますが、
それだけにやり甲斐があります! 頑張るぞー!

(熊田あつしツイッターより転載・熊田あつし事務所)

新しいスタートをきりました!!

Filed under 熊田あつし

新しい党で、新しいスタートをきりました!!

消費税増税阻止のための戦いです。
民主党を離党し、組織の支援は何もない、
ご支援下さる皆様だけが頼りの戦いです。

毎晩8時から、有志の皆さんで事務所に
集まって下さることになりました。
昼間も常に誰かいます。
ひとりひとりの支援だけが支えです。

是非、是非、是非、今日からでも来て下さい!!
何卒よろしくお願いいたします。

新事務所
大阪市天王寺区寺田町2-4-16 天昌ビル2F
(熊田あつし大阪事務所のすぐ隣のビルです)

熊田あつし

沖縄訪問所感④

Filed under 熊田あつし

 無手勝流の突撃取材ですので、十分なお話しが聞けたとはいいませんし、アレンジされた
視察に比べれば効率が悪かったことも否定はいたしません。また、現時点で感想文的な報告に
終わってしまっていることも事実です。しかし、一方で、辺野古で船を出してくれた方が、
「これまでいろんな人に船を出すことを頼まれたけど、議員さんは初めてだった。政治家は、
本当の意味で俺たちの声を聞こうとはしてくれなかった。今日は嬉しかった。」と言ってくれたことに、
今回の訪問の意義を感じることができました。

「国民の生活が第一。」と言ってきた私たちです。これからも市民目線(河村代表の言葉で言えば、
庶民目線)で物事を捉え、政策や政治活動に生かしていかなければなりません。
今回いろいろとお話しを聞かせてくださった全ての方に、あらためて安全保障政策を見直す上での
新たな視座をいただけことを感謝致しまして、今回の取り急ぎのご報告といたします。

熊田 篤嗣

沖縄訪問所感③

Filed under 熊田あつし

 先日のツイッターでも写真を掲載した普天間の移設先として予定されている辺野古では、
地元の方にお願いして、滑走路建設予定地点まで船を出していただきました。
私には、本当に美しく素晴らしい海に感じられましたので、「こんな綺麗な海を埋め立てるなんて…」
と私が話し始めたところ、その方はそれに対し、「いや、私たちは反対していない。反対運動をして、
横断幕を掛け、テントを張っている人たちは、地元の人間じゃない。最近でこそ彼らと話しをするように
なったが、もともとは彼らは地元の人間と話しをしなかった。」と語り始めました。聞いてはいましたが、
実際に直接聞くと、これもショックな一言でした。彼からは、キャンプ・シュワブがあることでの恩恵と
いたたまれない出来事を聞きました。本音は「陸上部に滑走路を作って地域経済を活性化させ、
綺麗な海はできれば残して欲しい」ということだと感じました。米軍の運用や、技術的な事情もあるので
しょうが、ここは素直な地元の方の思いとして聞かせていただきました。

 これらのお話しから、私たちがこれまで聞いていた地元の反対のニュースや、軍事的な事情とは異なる、
歴史に翻弄されてきた沖縄の方々の複雑な思いがひしひしと伝わってきました。特にこたえた一言は
、あるところで聞いた、「琉球王国は、島津(日本)に征服されたことはあっても、中国に征服されたことはない。」
との言葉でした。言い換えれば、沖縄は歴史上、一度も中国領になったことはないということも言えるのでしょうが、
何とも言えない辛い気持ちにさせられた言葉でした。

 一方で、観光で来た方々は純粋に今の沖縄のすばらしさを堪能し、若い人たちは現状を受け入れながら
楽しんでいる、といった姿や話しも見聞きしました。仕事の関係で沖縄を出ながらも、年に何度も帰ってきて、
行く行くは沖縄に戻りたいと言ってる若者からは、厳しいながらも沖縄が持つ魅力を感じました。
(沖縄訪問所感④へ続く)

管理用