くまあつブログ

Monthly Archives: 7月 2013

参議院の役割と政党政治

Filed under 熊田あつし

つい半年余り前の民主党政権の頃、衆参のねじれで国会審議が滞る場面が
よく見られました。昨年の政権交代後、現時点では衆院選は行われていないので、
普通に考えれば、ねじれは解消されたはずです。

しかし、通常国会最終日、参院で首相問責が可決され、ねじれ健在ぶりが示されました。
これは自公にも民主にも属さない政党の動向に大きな要因がありますが、それ以上に
参院が『政局の府』になってしまった故である気がしてなりません。
今回の参院選で連立与党が勝利すれば、ねじれは解消するでしょうが、これは参院が
完全に衆院型の政党政治になった証です。

私はこういった構造になった大きな要因に、選挙制度があると感じています。
制度論的に考えれば、選挙制度というルールによって、議員というアクターの行動は
制約され、その中で最も合理的な行動を選択する
からです。

参院は『良識の府』として、各政党に属しながらも、衆院の政局とは一線を画した論理で
行動するところにこそ存在意義があるはずです。この参院選を契機に滞っている選挙制度改革論議に
一石を投じ、衆参の役割の見直しも含め、抜本的・本質的な国会改革・選挙制度改革として
対象範囲を拡大し、早急に進める方向を示すべき
です。

混乱した政治は、国益の喪失につながります。時間はありません。

熊田あつし

管理用