くまあつブログ

Daily Archives: 2010年6月4日

今回の代表選挙に思うこと

Filed under 熊田あつし

今は、6月4日の朝です。

一昨日の鳩山総理の辞意表明を受け、激動の2日間が過ぎ、あと数時間後には民主党の新代表が決まり、
本日の午後には国会での首班指名を経て新総理が決まります。
今回の民主党代表選挙は、実質的には次の総理を決める、
すなわちこの国のリーダーを決める非常に重要な選挙です。私もこの2日間、真剣に考えました。

私は、鳩山さん、小沢さん、菅さん、岡田さん、前原さんの5名は、それぞれに民主党の代表を経験し、
党の先頭に立ちリードしてきたすばらしい政治家だと思っています。
そして、今回の代表選挙はここまで菅さんが有利に戦いを進めてきたといわれています。
私は、この国のすばらしいリーダーとして、菅さんの総理としての資質を信じているひとりでもあり
、菅さんに本当に期待しています。
しかし、私は、今回初めて代表選挙に立候補の意思を表明した樽床伸二衆議院議員を支援することを
決めました。私なりに真剣に考えた結果です。

まずは、今回の代表選挙は、これまでの代表経験者だけで看板の掛け直しをするようなものにしては
ならないという思いです。
国民のみなさんは、民主党の中からも新しい息吹が聞こえてくることを期待しています。
新陳代謝のない組織は閉塞感の中で衰退してしまいます。
ですから、今回の代表選挙で新しい世代の足音が聞こえるようにしなければならないと考えました。

さらに、そういったことを踏まえ、何故、樽床さんなのかということですが、樽床さんは、
出馬の記者会見でも述べていましたが、「新小沢、反小沢という立場には立たない。」という考えです。
私も全くその通りだと思います。
その意味では今回のマスコミ報道には大きな疑問を感じます。
私は、等しく民主党の仲間であり、新小沢、反小沢というようなものさしではかった争いにしてはならないと
思います。
鳩山総理、小沢幹事長のダブル辞任を受け、これまで外から言われてしまっていたような
小沢さんとの距離を憶測し、その基準だけで民主党を測るような風潮から脱却しなければならないと考えています。
真に政策や理念で正々堂々と、そしてさわやかに代表選を戦い、戦いの後には、一致結束して
新リーダーの下でこれからの日本を築いていくために全力を挙げていく、こんな代表選挙にすべきなのです。
だからこそ、私は、樽床さんの言葉を信じ、支援していくことを決めました。

今時点で、マスコミの多くは樽床さんは、小沢さんに近いグループの支援を受けているとし、
小沢さんとの距離感を軸に報道しています。
かし、私が樽床さんの支援を決断し、推薦議員の一人として名前を連ねることを決断したのは、昨日の16時でした。
この時点では、いわゆる小沢グループと言われる方々は、態度は決めていませんでした。
代表選挙に立候補するには20名の国会議員の推薦が必要なのですが、正直な話、16時時点では、
推薦議員は10人余りで、必死に声をかけ続けたのですが、その1時間後でも18名という状況でした。
非常に厳しい状況でのスタートでした。

ただ、それを踏まえても、今回の代表選挙はやはりきちんとした選挙を行い、
新しい時代への懸け橋にしなければならないとの思いで参加したのです。
断言いたしますが、私は決してグループ的な動向を見て態度を決めたのではありません。
すべての民主党の仲間と、等しい距離で話しあい、激しい政策論争をどんどんし、それを踏まえ一致結束して
国事にあたっていくべきだというのが私の考え方です。
私の仲人は鳩山総理です。ですから、この決断は、私の中では本当に重たいものでした。

この代表選を機に、新しい時代への扉を開け、真にこれからのこの国を考え行動する政治を築いて
いかなければなりません。
これまで、私たち当選1期は、自らものを言えないかのうように言われることもありましたが、
今回私は、自分の意思で行動を決め、そしてその決断に自信を持って進んでまいります。

以上が、今回の代表選挙における私の思いです。
これを選挙前に出すのははばかられましたが、一方で代表選後に出すのも言い訳がましくて望ましくないと
判断しました。
そこで、両院議員総会が行われている時間に、事務所のスタッフの手でブログにアップしてもらうことといたします。

熊田あつし拝

管理用