くまあつブログ

Yearly Archives: 2010

防衛大綱策定へ

Filed under 熊田あつし

新たな防衛計画の大綱に向けた民主党案作成に携わりました。
安全保証の諸課題に対する大きな改革提言を行えたと思っております。

以前お伝えいたしました、尖閣沖漁船衝突事案の発生時に
有志議員で提出した建白書の内容を具現化すべく議論を行ってまいりました。

南西方面の防衛力の強化、武器輸出三原則の明確化など
大きな課題に取り組みました。

建白書を出しっぱなしにするのではなく、具体策を伴う形でのフォローアップこそ
政治家の責任だと考えます。

熊田あつし

「スタジオ民主なう」に出演しました

Filed under 熊田あつし

民主党本部の広報委員長補佐を俳命し、
経済産業部門を担当することとなりました。

12月7日(火)には、
「スタジオ民主なう(民主党のUSTREAM放送)」にも出演しました。
現在でも民主党HPからご覧いただけます。

ご覧になりたい方は、
こちら をクリックしてください。

インターネット放送を含め、
党としての情報発信力を高めてまいります。

熊田あつし

統一地方自治体議員選挙 候補者公募

Filed under 未分類, 熊田あつし事務所からのお知らせ

民主党大阪府連プラスワン会議は
2011年に予定される統一地方自治体議員選挙における
民主党予定候補者を公募します。

公募の対象は、民主党の政策・理念に賛同する25歳以上の有権者とし、
居住地域は問いません。

・ 公募の内容
 2011年に予定される統一地方自治体選挙における民主党予定候補者の公募

・ 公募の対象
 民主党の政策・理念に賛同する25歳以上の有権者。(居住地域は問いません)

・ 公募の実施と受付期間
 公募の実施は民主党大阪府連プラスワン会議が行う。
 受付期間は10月1日から10月31日までとする。

・ 提出書類
 履歴書一通(顔写真の貼付要)
 小論文「なぜ民主党の地方議員を目指すのか」1000字以内

・ 受付・お問い合わせ先
 民主党大阪府総支部連合会
 大阪市中央区釣鐘町2-4-17 ニュー大阪ビル2F
 電話06-6943-8085 FAX06-6943-8240

(民主党大阪府連HPより抜粋)

臨時国会スタート

Filed under 熊田あつし

10月1日より、第176国会が始まりました。

開会式で、天皇陛下からお言葉をいただく瞬間は、
身の引き締まる思いがいたします。

ねじれ、補正予算、尖閣問題等、非常に厳しい国会です。

今国会にあわせ、これから1年間の所属委員会が発表され、
経済産業委員会になりました

中小・零細企業政策から経済戦略まで、多岐にわたる分野が対象ですが、
非常にやりがいのある委員会です。

また、これまで携わってきた国土交通の分野は、政調の部会メンバーとして
継続して取り組んでまいります。

熊田あつし

尖閣沖中国漁船衝突事案に関し、建白書を提出

Filed under 熊田あつし

尖閣沖中国漁船衝突事案について、政府に「建白書」を提出しました。

9月27日、仲間の議員と共に首相官邸を訪問し、
仙谷官房長官に直接手渡しし、実現を強く申し入れました。

今回の顛末は、日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難であり、痛恨の極みです。

これは、戦略的外交を怠ってきた戦後日本政治そのものが招いた危機です。
そこで、単なる政権批判に与するのではなく、将来を見据えた「提言」をいたしました。

賛同議員名及び全文は、添付のPDFファイルをご覧ください。

建白書表紙
菅政権への建白書(1)
菅政権への建白書(2)

この提言を、その場限りにしてはなりません。

実現につながるフォローアップこそ大切です。この点を仲間の議員に強く訴え、
賛同議員を中心に継続的に活動していくこととなり、私が事務局をすることとなりました。

「臥薪嘗胆」の思いで全力を掲げてまいります!

熊田あつし

交通基本法制定へ

Filed under 熊田あつし

交通基本法小委員会の事務局長を務めてきました。

交通基本法を制定し、公共交通のみならず、
自転車や物流までをも含む総合的な交通体系の構築を目指します。

高齢化社会の地域の足を守る為にも必要不可欠な法律です。

「移動する権利」の保証、バリアフリー化の徹底など、
人々の社会参加の機会を確保してまいります。

来年の制定を目指して法案を起草中です。

熊田あつし

代表選を経て思うこと

Filed under 熊田あつし

今回の代表選、私は一期生の仲間数人と、
政策論争による代表選を訴えてまいりました。

しかし、報道の方向性は、親小沢 vs 反小沢というものが
中心であったように思います。

こういった状況や、ここ何年かの首相交代劇から、
大きな危惧を感じています。

毎年のように総理が変わることを避け、
国民が責任感を持って政治参加をするために、
知事選や市長選のように、国民が直接投票する首相公選制を
検討すべきではないでしょうか。

国民一人一人が責任を持つ公選制であれば、首相交代はできなくなります。

憲法67条の規定、衆院の解散権、首相候補となるための被選挙権のあり方など、
課題は数多くありますが、国際社会での信頼と安定した政治のため、
国民が総理を決めるシステムとして一考すべきではないでしょうか。

熊田あつし

代表選挙 立会演説会のご案内(大阪)

Filed under 熊田あつし事務所からのお知らせ

民主党代表選挙が9月1日告示され、二人の立候補者がありました。
届け出順に小沢一郎、菅直人の両氏です。

党員・サポーターならびに地方自治体議員のみなさまは郵便投票、
国会議員は9月14日の臨時大会での直接投票で新代表を選出します。

中央選挙管理委員会主催の「代表選挙立会演説会」を
下記の通り行うことになりました。

是非ご参加ください。

日時 : 9月5日(日) 午後3時より
場所 : ヨドバシカメラ前 (梅田/JR大阪駅北側)
内容 : 両候補による演説 (一人15分程度)

(熊田あつし大阪事務所)

今回の代表選挙に関して

Filed under 熊田あつし

今回の代表選をめぐり、ある週刊誌で親小沢と書かれました。

しかし、これは私の本意とは違います。

6月の代表選で樽床さんの推薦人をした時にブログにも書きましたが、そんな視点ではなく、
実質的に総理を決める選挙として、国家観や政策を軸として判断していくべきだと考えています。

だから、週刊誌の書き方も誤っています。

菅支持か小沢支持かで色分けをするならまだしも、親小沢か反小沢かと書くことに、
マスコミがつくり出した意図すら感じます。

私は、総理を決める選挙として、まずはお二人の国家観と政策をお聞きしてから
全てが始まると考えます。

その意味で、現時点では、私は白紙です。

さらに付け加えさせていただくなら、こういった思いを持つ議員は、たくさんいます。

微力ではありますが、前向きな議論が正々堂々と行われる代表選を目指し、
自分としてできうる限りのことをしてくつもりです。

熊田あつし

新ポスター完成しました

Filed under 熊田あつし事務所からのお知らせ

新しいポスターができました。
ご掲示いただける方がいらっしゃいましたら、
熊田あつし大阪事務所までご連絡下さい。
よろしくお願い申し上げます。

熊田あつし大阪事務所
TEL 06-6773-8150
FAX 06-6773-8149
Mail kumada@minsyu.jp

(熊田あつし大阪事務所)

管理用