くまあつブログ

沖縄訪問所感③

 先日のツイッターでも写真を掲載した普天間の移設先として予定されている辺野古では、
地元の方にお願いして、滑走路建設予定地点まで船を出していただきました。
私には、本当に美しく素晴らしい海に感じられましたので、「こんな綺麗な海を埋め立てるなんて…」
と私が話し始めたところ、その方はそれに対し、「いや、私たちは反対していない。反対運動をして、
横断幕を掛け、テントを張っている人たちは、地元の人間じゃない。最近でこそ彼らと話しをするように
なったが、もともとは彼らは地元の人間と話しをしなかった。」と語り始めました。聞いてはいましたが、
実際に直接聞くと、これもショックな一言でした。彼からは、キャンプ・シュワブがあることでの恩恵と
いたたまれない出来事を聞きました。本音は「陸上部に滑走路を作って地域経済を活性化させ、
綺麗な海はできれば残して欲しい」ということだと感じました。米軍の運用や、技術的な事情もあるので
しょうが、ここは素直な地元の方の思いとして聞かせていただきました。

 これらのお話しから、私たちがこれまで聞いていた地元の反対のニュースや、軍事的な事情とは異なる、
歴史に翻弄されてきた沖縄の方々の複雑な思いがひしひしと伝わってきました。特にこたえた一言は
、あるところで聞いた、「琉球王国は、島津(日本)に征服されたことはあっても、中国に征服されたことはない。」
との言葉でした。言い換えれば、沖縄は歴史上、一度も中国領になったことはないということも言えるのでしょうが、
何とも言えない辛い気持ちにさせられた言葉でした。

 一方で、観光で来た方々は純粋に今の沖縄のすばらしさを堪能し、若い人たちは現状を受け入れながら
楽しんでいる、といった姿や話しも見聞きしました。仕事の関係で沖縄を出ながらも、年に何度も帰ってきて、
行く行くは沖縄に戻りたいと言ってる若者からは、厳しいながらも沖縄が持つ魅力を感じました。
(沖縄訪問所感④へ続く)

管理用