くまあつブログ

消費税関連法案への対応について

本日の衆議院本会議、消費税関連法案に反対をいたしました。

正直、自分の中では大変に重たい決断でした。
しかし、将来的な消費税増税は避けられないとは考えるものの、今の景気状況や
改革への取組みを考えると、現時点では反対せざるを得ないと判断いたしました。

また、党の政策決定プロセスも改めなければならないと痛感いたしました。
これを機に政権交代の原点、すなわち「国民の生活が第一」の思いに
帰らなければなりません。

写真は、採決後の反対・棄権若手議員有志での共同記者会見です。

(twitterよりの転載・熊田あつし大阪事務所)

管理用