くまあつブログ

尖閣沖中国漁船衝突事案に関し、建白書を提出

尖閣沖中国漁船衝突事案について、政府に「建白書」を提出しました。

9月27日、仲間の議員と共に首相官邸を訪問し、
仙谷官房長官に直接手渡しし、実現を強く申し入れました。

今回の顛末は、日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難であり、痛恨の極みです。

これは、戦略的外交を怠ってきた戦後日本政治そのものが招いた危機です。
そこで、単なる政権批判に与するのではなく、将来を見据えた「提言」をいたしました。

賛同議員名及び全文は、添付のPDFファイルをご覧ください。

建白書表紙
菅政権への建白書(1)
菅政権への建白書(2)

この提言を、その場限りにしてはなりません。

実現につながるフォローアップこそ大切です。この点を仲間の議員に強く訴え、
賛同議員を中心に継続的に活動していくこととなり、私が事務局をすることとなりました。

「臥薪嘗胆」の思いで全力を掲げてまいります!

熊田あつし

管理用